人工膝関節置換術

人工膝関節置換術は近年技術が飛躍的に進歩し、日本で年間7~8万件もの手術が行われる 一般的な治療法です。 一番の目的は関節の痛みの除去で、次に変形の改善です。痛みが除去されることで外出ができるようになり、 QOL(生活の質)も改善します。 しかし、術後合併症等を引き起こす場合もあります。また手術をする時期やタイミングによってはご自身が思っているような除痛の効果は得られない可能性もあります。 手術に関して、不安なことや疑問点などがございましたら遠慮せずお聞き下さい。

人工膝関節置換術とは

膝関節は大腿骨・脛骨・膝蓋骨(お皿の骨)からなる関節です。関節の回りに靭帯や筋肉があることで安定しています。大腿骨と脛骨及び膝蓋骨の表面は滑らかな軟骨で覆われています。軟骨は関節を動かしたり、体重がかかった時の衝撃を緩和するクッションの役目をしています。

軟骨は年齢を重ねるごとにすり減り、関節を保護する軟骨がすり減ることにより変形性膝関節症を発症します。 また関節リウマチや、スポーツによる靭帯損傷・骨折が原因で変形性膝関節症となる場合もあります。

人工膝関節置換術とは痛みの原因となるすり減った軟骨と傷んだ骨の表面を切除し、チタンやポリエチレンなどでできた人工関節に置き換える手術(右図参照)です。
人工膝関節は部分的に置換する部分置換型と、全部を置換する全置換型があります。当院では全置換型を行っております。膝の損傷した軟骨が人工のものに置き換えられることで、痛みがなくなり、日常の動作をスムーズに行うことができます。

長所

  • 痛みの軽減
  • 膝または下肢の変形が治る
  • 関節がスムーズに動かせるようになる
 

短所

対象となる方

  • 60歳以上の方(人工関節の耐用年数が15~20年のため)で以下の症状がみられ、保存的療法(投薬・関節内注射・リハビリ等)で改善がみられない場合
    • 膝関節が高度に破壊されている
    • 激しい痛みがある
    • 膝の機能と動きが制限されている
  • 年齢は関係なく膝関節軟骨の破壊を認める場合(関節リウマチ・外傷後etc)

治療の流れ

  1. 1.診察

    手術日決定後、以下のことに注意して下さい。

    • 禁煙(6週間前から)
    • 鍼灸治療・関節内注射・湿布は避けて下さい。(4週間前から)
    • 服用している薬は医師や看護師の指示に従い止めて下さい。(2週間前から)
    • 手術までに歯科治療を行っておいて下さい。
      ごく稀ですが虫歯が原因で感染する場合もありますので、手術までに治療を済ませておいて下さい。
  2. 2.術前検査

    • 肺X線(レントゲン)検査
    • 膝X線(レントゲン)検査
    • 心電図
    • 血液検査
    • 尿検査
    • 呼吸機能の検査
  3. 3.臨床検査

    呼吸器・循環器の専門の内科を受診して頂きます。

  4. 4. 入院

    入院時に持っていくもの

    • 入院案内で指示された身の回りのもの
    • 現在飲まれてる薬
    • 運動のできる靴
    • リハビリ用運動靴(簡単に履けるもの)
    • 柄の長い靴べら
  5. 5.手術

    • 抗菌薬の点滴を2~7日間おこないます。
    • ベッドの上で足の指の運動と足首の運動を行って下さい。
    • 必要に応じて、のみ薬や座薬を使用して痛みを和らげます。
  6. 6.リハビリテーション

    早期に理学療法士の指示に従いリハビリテーションを行って下さい。

  7. 7.退院

    だいたい3~6週間ほどで退院になります。(期間には個人差があります) 術後の違和感は約8~12か月ほど残ります。※こたつやカイロなどで温めすぎないでください。(金属部分が温まり低温火傷のような状態を引き起こす場合があります)

    個人差がありますが、退院後2~6か月ほどで旅行や軽いスポーツが可能になります。
    医師の指示に従い、経過観察のために定期的に受診して下さい。

合併症

手術を受けた後、合併症がおこることがあります。

術後の合併症

感染症

人工膝関節置換術をおこなう上で、重篤な合併症が感染です。 手術の際、最新の注意を払っておりますが、人工関節内に菌が入り感染(化膿)することがあります。感染した場合はすぐに手術を行い、人工関節を取り出し、きれいな生理食塩水で洗い流さなければいけません。その後、感染が落ち着いてから再度人工関節の手術を行います。 手術後早期の感染だけではなく、何か月も経ってから、感染することもあります。常に細菌感染に十分に注意して下さい。特に歯科治療や皮膚の切開を伴う治療を行う際は、予防のため抗菌薬が必要な場合がありますので、医師に事前に人工膝関節置換術を受けたことを伝えて下さい。下記のような症状がみられた場合は、すぐに医師や看護師に伝えて下さい。

(徴候)

足の血栓症・肺動脈塞栓症(エコノミークラス症候群)・脂肪塞栓症

術後、足の静脈の血流が悪くなり血栓(血のかたまり)ができる可能性があります この血栓が血管から剥がれて血流にのって移動し、肺動脈に詰まったものが肺動脈塞栓症といいます。 呼吸困難や胸の痛み、時には危篤状態に陥ることもあります。 また、脂肪も同じように骨の中の脂肪が血管に入り血管を詰めてしまうことがあります。 当院では術後に予防薬(薬または注射)を投与することと、早期にリハビリを開始することで予防しております。

(徴候)

※血栓は手術してない方の足にも形成されることがあります。

麻酔の危険性

使用する麻酔は主に以下の3種類になります。患者さまの状態をみて適切な麻酔を選択いたします。

全身麻酔

点滴から麻酔薬を入れる静脈麻酔や麻酔薬を吸入する吸入麻酔等で行います。意識のない状態になるため筋弛緩剤を用いて呼吸管理を行います。各薬剤において個人によりアレルギー反応が出る場合が稀にあります。

腰椎麻酔

下半身のみを麻痺させるので意識はあります。腰部に針を刺して麻酔を注入します。

持続硬膜外麻酔

腰椎麻酔より太い針を使い内部にチューブを残し外部より除痛剤を注入し術後の痛みを緩和します。術前に抗血栓剤(ヘパリン等)を投与されている方は出血により神経が圧迫される場合もあります。

 

手術はいつするのかが最も大切です。レントゲンの変化が高度であっても疼痛が少ない場合は手術をしなくてもよいですが、レントゲンの変化が高度でなくても疼痛が強い場合は手術をするべきです。手術の第1の目的は除痛であり、変形が矯正されても思ったほど痛みが改善しなければ何もなりません。また術後に可動域が悪くなる場合もありますので、生活がしにくくなる可能性があります。手術後が決してバラ色の生活ではないということを覚えておいてください。

費用

手術は健康保険が適用になりますので、費用の負担を軽減する「高額療養費制度」がご利用いただけます。

» 高額療養費制度

高額療養費制度とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。入院前に「限度額適用認定証」の申請の手続きをしておくことで、退院時に高額な一時払いは不要になり病院への支払いは自己負担限度額までとなります。
詳しくは各自加入されている健康保険か市町村にお問合わせ下さい。

<茨木市>高額療養費について

<高槻市>高額療養費について

<吹田市>高額療養費について

<摂津市>高額療養費について

外来診療時間

月ー金曜
9:00-12:00
17:00-20:00
土曜
9:00-12:00

診療時間の30分前から受付しております

日曜・祝日

リハビリテーション

月―金曜
9:00-12:00
13:00-16:30
17:00-20:00
土曜・日曜
9:00-12:00
13:00-16:30

所在地

〒567-0829
大阪府茨木市双葉町10-1
茨木東阪急ビル1F

阪急「茨木市駅」北改札東口すぐ

整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科
労災指定/救急・入院・手術随時受付