TEL.072-638-7676

PCR窓口072-638-2121

スカイビューティー
クリニックサイト

消化器内科

消化器内科

近年は消化器系癌が増加しており、当クリニックにおいても内視鏡検査による消化器系癌の早期診断・治療に力を入れていきます。上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(小腸・大腸)、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓など消化器全般の診療を行っています。

胃カメラ(胃内視鏡)検査

胃カメラ検査は、口または鼻から先端にカメラがついた細い管を挿入し、食道、胃、十二指腸などを直接観察します。疑わしい病変があればすぐに組織を採取して生検が可能です。検査には事前診察と検査のご予約が必要ですので、まずはご来院ください。

このような症状がある場合、我慢せずにご相談ください

胃が痛い/胃もたれ/胃の不快感/胸やけ/胸の痛みがある/食欲不振/飲み込みにくい/吐き気/急な体重の減少/貧血/便が黒い/嘔吐物に血が混じっている/げっぷが多い/血縁者の中に胃がんがいる/40歳以上の方で、これまで一度も胃内視鏡検査を受けたことのない方など

大腸カメラ(大腸内視鏡)検査

大腸カメラ検査は、肛門から先端にカメラがついた細い管を挿入して大腸全体を直接観察します。疑わしい病変があればすぐに組織の採取を行えますし、ご希望に応じてポリープを切除することも可能です。(但しポリープの大きさ・形状により制限があります。) 検査には事前診察と検査のご予約が必要ですので、まずはご来院ください。

このような症状がある場合、我慢せずにご相談ください

便秘/下痢/便が細くなった/血便/赤黒い便/慢性の腹痛/血縁者の中に大腸がんがいる/40歳以上の方で、これまで一度も大腸内視鏡検査を受けたことのない方など

次世代内視鏡システム「EVIS X1」

当クリニックはオリンパスの最上位機種であるEVIS X1(イーヴィス エックスワン)を使用しています。従来の内視鏡システムよりもさらに鮮明で見やすい画像を映し出すことができるなど、病変の発見・診断・治療の質や検査効率の向上につながる新技術が搭載されております。

検査を担当する医師は、広島大学病院などで研鑽を積んできた日本消化器内視鏡学会専門医です。

内視鏡検査30,000件以上の経験から培われた高い技術力により、苦痛が少なく、かつ正確な検査・診断をしています。

EVIS X1

症状がない場合でも40歳を過ぎた方は胃がんや大腸がんなどのリスクが上昇するため定期的な検査をお勧めします。

担当医師紹介

田中 雄一朗

専門分野

消化器内科

<田中医師挨拶>

はじめまして。消化器内科医の田中雄一郎と申します。
消化器内科は、消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓・胆嚢・膵臓の疾患を広く扱う、おなかの専門家です。おなかの症状で気になることがございましたら、なんでもご相談ください。
当院では胃カメラ・大腸カメラにも力を入れています。これらは病気の早期発見のために重要な検査です。当院の胃カメラ・大腸カメラは、最新の内視鏡システムを導入しておりますので、画質が非常に良く微小な病変も発見しやすく、また内視鏡が細いため検査時の不快感を最小限に抑えられます。
また、当院では健診も実施しております。健診は自分の身体を見つめなおす大切な機会です。自分の身体と向き合うことで、病気の予防や早期発見、健康維持につながります。年に1度、定期的に健診を受けることをお勧めします。

診療時間

土・日・祝
午前診
9:00-12:00※1
3診 田中 田中 田中 田中 田中 休 診
夜 診
16:00-19:00
3診 田中

※1.初診の方及びご予約のない方の午前診の受付時間は11:30までになります。
ご予約のある方は通常通り対応させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました